×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

貼り紋・張り紋

家紋Tシャツ 紋ぺたくん 家紋額・プレート おしゃれもん・紋 張り紋 花草木と紋
上 絵 上 絵2 展示室 資料 姓と家紋 質問
   張り紋(又は貼り紋・江戸付け・切り付け紋)は、紋付の着物が古くなり紋の部分が弱くなって、紋を変えたり、紋洗いが出来ない時に使われます。
最近は結婚式の新郎の紋付の紋として便宜的に使われたり、祭り・踊りの紋にも使われる様になりました。
ひと昔前には、薄手の羽二重生地に、これまた薄手の和紙(名称が出てきませんが)を糊で貼り付けそれに紋を描きます。その紋を型どおりに切り抜き、紋の端のみに糊をつけて、着物の紋の部分に張りつけます。更に剥がれない様に極細い糸(ー?)で紋の縁をかがりました。

   当店では、今では薄手の絹に両面テープをつけたもので張り紋を作っています。薄手ですので
   着物の生地にきれいに乗り、見た目には張り紋とは分からない位です。ただ、薄手の生地なの
   で一回限りしか使えません。張り直しは出来ません。その分価格は安価にしております。
   
この様に喪服セットのバックやぞうりに貼る事も出来ます。(ブログにリンク1)  又小さいですが弓にも貼れます。(ブログにリンク2) 尺八の袋にも貼られました(ブログにリンク3) 人形さんの着物にも(ブログにリンク4)

 <貼った後の注意点は最下段に記しましたのでご覧ください>

 『こだわりの背の張り紋』 

下の2枚の写真を比べてみて下さい。両方とも「丸に下り藤」紋の背につけた張り紋です。
背の縫い目がかすかに分かると思いますが、左の張り紋は紋も背合わせした様に見え、ごく自然な『背紋』に見えます。
一方、右の張り紋は従来通りの一枚で背に張りつけた紋です。
どちらかと云いますと、左の張り紋の方がより紋付の紋らしく見えます。

        「背紋の張り紋」についての詳細はこちら

新しく「背紋」用の張り紋を追加しました。
例えば「女紋用張り紋」は一組6枚ですが、『背紋』用張り紋を一つ加えて6枚一セットとします。
注文の時に、6の項で『背紋ー要』と記して下さい。価格は400円アップです
なお、祝着用張り紋には要りません。又女紋付用「厚手」の背の張り紋は扱っておりません。

       <元紋の消し方>はこちらをご参考になさって下さい。
金・銀色張り紋 
   
  (サイズ 33ミリと38ミリ)
(サイズについては相談します)
  (生地は黒と紺)

 セット価格(6枚)  1500円
礼装小物用張り紋(黒地)

 バック用 (21ミリ前後・2枚)
 ぞうり用 (16ミリ前後・3枚)
 セット価格  800円
祝着・四つ身羽織用張り紋
    (サイズ33ミリ前後)

価格 一組  800円(黒紋付)
    一組1100円(色紋付)

(背紋付き 一組 400円増し)
左 女紋用張り紋ー喪服、留袖等に使います(サイズ20-22ミリ)

 男紋用張り紋ー男紋付に使います(サイズ38ミリ前後)

価格  一組 800円(黒紋付)
     一組1100円(色紋付)

(背紋付き 一組 400円増し)

生地が無地の場合、又元紋と同じ紋をつける場合は、下段左の「三つ鱗」の様に紋の形に切抜きます。
摺込み張り紋ー舞踊等の着物に使います(サイズ38ミリ)

  価格 一組 1200円

(背紋付き 一組 1600円)
裃用張り紋ー裃に使います
     (サイズ40-45ミリ)

  価格 一組 1200円
(但し、左の様な鮫小紋柄)
(右の様な特別柄の場合は1500円)

(背紋付き 一組1600円から)
  • 一組とは、6枚で一組です(裃用張り紋は一組5枚)
  • 上記は基本的に<黒>の張り紋の価格で、色の場合は300円増しとなります
  • サイズが別注の場合は、一組について300円加算されます
  • 同紋を5組以上ご注文の場合は別途相談にのります
  • 発送は郵便にて送ります。送料(120円)はご負担お願いします
  • 支払いは振替用紙をを同封しますので、郵便振替にてお願します
  • お急ぎの方は1,2日でも作りますのでご相談下さい
  • (注)薄手の生地を使っていますので、元紋がある場合はそれが透けます。元紋が必要でない場合は黒で塗りつぶした上でお張り下さい。元紋を後程使用の場合は比較的透けない厚手の生地を用いますので、その旨ご連絡ください。
  • (注)厚手の場合は、300円高になります。
  • (注)夏物の絽の生地の張り紋は300円高になります。
  • 張る位置については  こちら
  1  張り紋の種類
  2  家紋名
  3  サイズ
  4  組数
  5  生地の色目
  6  背紋<要・不要>
  7  氏名
  8  住所・郵便番号
  9  e-mail
 10  電話番号
注文へのながれ まず、このをクリックして、その画面 をを小さく出し
  その「注文メール」に右欄の項目をコピーアンド
  ペーストして必要事項を記入の上、送信してください
        (電話又はファックスでもご注文できます) 
         TEL 058-262-5008 FAX 058-262-5027
          折返し確認のメールを送ります  
                      貼った後の注意

一 お着物に張り紋を貼ってご使用になり、はずされる場合は早めに取ってください。

一 元紋の上に貼られる場合、特に白で刷り込まれた紋(刷込み紋)の場合、その白インクの種類によっては下の写真の様に、粘着テープが残ったり、無理して取ると白インクが剥がれる可能性があります。

一 原則的には簡単に取り外す事が出来ますが、長期にわたって張り続けた場合は取りづらい事があります。端の方から剥がしてみて、粘着テープが残ったり、剥がしにくい場合は、当方に送って下さい。無料で直させていただきます (但し送料はご負担願います)
元紋がある場合、さらし等の布にベンジンを含ませて、張り紋の上から軽く叩くように湿らせると、剥がし易くなります。

一 生地に少々ネバネバが残った場合は、ベンジンをさらし等の布に含ませて、軽く叩き落として下さい。元紋がある時は擦ることは紋が擦れる事がありますが、無地の場合はぼかす様に軽く擦って落として下さい。

                  500-8022   岐阜県岐阜市下茶屋町31
                           千太屋紋章工芸 宛
                            TEL 058-262-5008 FAX 058-262-5027